倉松歯科医院

*

太子橋今市駅徒歩2分!予防歯科を中心とした、北欧型歯科医院です。

講演会『歯の根の虫歯への対応』を聴いて

5月12日

CIMG0018

午前の診療後、大阪府歯科医師会主催の

学術講演会を聴きに行きました。

 

内容は根面う蝕への対応~サホライドを使ってみよう~ で、

講師は大阪大学大学院歯学研究科

顎口腔機能再建学講座(歯科理工学教室)教授今里聡先生でした。

 

サホライド(フッ化ジアンミン銀)は、

大阪大学歯学部歯科理工学講座の山賀禮一教授が開発し

私が開業した昭和52年には虫歯の乳幼児が洪水のように押し寄せ

「虫歯洪水時代」といわれる時代から特効薬として

使用されているものです。

虫歯の進行は止まりますが、

虫歯の部分が黒くなってしまうということで、

最近はお母様方には受け入れられにくくなってきています。

 

ところが超高齢社会となったわが国では、高齢者における

歯の根の虫歯の多発が大きな問題となってきていますが、

診断が困難なうえ、つめる治療も容易ではないため、

基本的に昔の乳幼児の虫歯のように、

その進行を止めることが重要ですが、

サホライドがそういった根の虫歯に最適な材料として

近年、再度注目されています。

昔からの古い材料であるが現在再び新しい材料として

見直されているという解説がありました。

 

2018年05月12日 16:23 研修会出席 診療方針

子供の咬合を考える会の講演会

4月22日

CIMG0004CIMG0002

京都テルサテルサホールで

子供の咬合を考える会の第22回特別講演会

『不正咬合は予防できる! 不正咬合は病気です!』

~早期治療による口腔機能の改善~

が開催され、それに参加しました。

 

講師は朝日大学歯学部客員教授の鈴木義雄先生でした。

先生は、現在子どもたちの多くが口呼吸している現状に

ついて触れ、舌の位置やクセ、口が結べない、噛めない、

飲めないなどの機能的な問題と、アゴと歯の不調和による

形態的な問題点(出っ歯、らんぐい歯、受け口等)を示され、

又、睡眠障害と不正咬合の関連についても多くのデータを

基に解説がありました。

 

この会が提唱している予防矯正という観点からも

子どもに対して早期治療の必要性とともに、

子どもの成長を阻害するものは避け、

健やかな成長を導くように支援する必要があると

結論づけられました。

CIMG0005CIMG0011

4時間の鈴木先生の講演のあとは、4名の会員発表が

行なわれました。

なお、当日の午前10時から午後5時まで

司会進行は大学同級生の中村彰彦君が担当され

帰り際に「お疲れさまでした」と一言、

声をかけました。

2018年04月22日 22:40 研修会出席 診療方針

テレビ夢の扉 パーフェクトペリオ

 
 

本日テレビ「夢の扉」で
次亜塩素酸水(商品名:パーフェクトペリオ)の放送がありました。

歯周病菌を殺菌するパーフェクトペリオの
開発について放送されていましたが、
もう一人もともとの開発された人がいるのですが、
その方のことは放送では,全くふれられていませんでした。

葵エンジニヤリング株式会社も
その方がコンタクトをもっていたのですが・・・。


                    以上の写真はTV画面から

歯周病菌と虫歯菌の両方に
殺菌効果があると放送されていましたが、
虫歯の方は虫歯の穴の中へ殺菌水をかければ
虫歯菌が死滅しそれだけでよいような
多少誤解されるかもしれないような表現になっていました。

倉松歯科医院では、2008年5月から
この次亜塩素酸水を歯周病治療に使用するだけでなく、

診療台の配管にこの次亜塩素酸水を流し、
うがいの時、歯を削ったり、歯垢を取ったり、
口を洗浄する時のスプレーの水
治療時に使用いている水は
全てこの次亜塩素酸水を使用しています。

又、今大変問題になっているインフルエンザ対策として、
次亜塩素酸水を超音波噴霧器でもって、
空気殺菌も行っています。

2017年09月13日 18:28 診療方針

初期う蝕と知覚過敏の診断と治療

4月16日

 CIMG7514 CIMG7570

大阪府歯科保険医協会の4月度生涯研修の

「初期う蝕と知覚過敏の診断と治療」という演題の

講習会に参加しました。

 

講師は、岡山大学大学院、医歯薬学総合研究科

歯科保存修復学分野教授 吉山昌也先生でした。

 

超高齢化が進む現在、ひと時代前は総入れ歯の方が多かったのですが、

8020運動で口の中に数多くの歯が残っておられる方が増えてきました。

ところが残っている歯は歯周病になっている場合が多く、

歯周病の進行と共に歯ぐきが下がり歯の根が見えてくる高齢者が

増加しています。

それにより知覚過敏が発症し来院される方が増えてきています。

 

そのような現状の中で治療法として、

歯を傷つけることのない薬剤を塗布して歯の表面をシールする方法と、

歯の表面をレーザーで焼く方法。

表面を少し削りレジンというプラスティックを詰める方法などがあります。

 

2017年04月16日 17:13 研修会出席

近畿デンタルショー2017

4月9日

CIMG7582

CIMG7503   CIMG7506

近畿歯科用品商行動組合主催の「近畿デンタルショー2017」を見に

南港のトレードセンターATCホールに行ってきました。

 

約160ブースあり、日頃から情報の多い大手メーカーのブースより

歯科情報等にあまりコマーシャルされていないメーカーのものを中心に

何か掘り出し物的な新製品がないか見てきました。

 

2017年04月09日 21:32 研修会出席

歯科外来治療環境体制加算の施設基準に係る研修

4月8日

CIMG7497

 

平成29年度の「歯科外来診療環境体制加算の施設基準に係る研修」

に出席しました。

 

神戸常盤大学

短期大学部口腔保険学科

教授 足立了平先生を講師に以下の講演内容でした。

① 偶発症に対する緊急時の対応

② 医療事故

③ 感染症対策

2017年04月08日 18:40 研修会出席

摂食嚥下に対する補綴的アプローチ

3月25日

CIMG7496

大阪府歯科医師会の学術講演会を聞きに行きました。

 

講師は大阪大学歯学研究科高齢者歯科学分野助教山本雅章先生で

「摂食嚥下に対する補綴的アプローチ」という演題でした。

2017年03月25日 21:18 研修会出席

小正裕教授退職記念講演会

2017年2月26日

CIMG7446CIMG7450

CIMG7479CIMG7449

CIMG7451CIMG7459

大学同級生の高齢者歯科学講座 主任教授

小正 裕 先生が定年退職を迎えられ、

大阪歯科大学 創立100周年記念会館 大講義室での

退職記念講演会を聴きに行きました。

2017年02月26日 17:57 研修会出席

歯援診にかかわる研修会

2017年2月25日

CIMG7445

大阪府歯科保険医協会の

平成29年度の

「在宅療養支援歯科診療所の施設基準に係る研修会」に

出席しました。

 

大阪歯科大学高齢者歯科学講座

准教授 高橋一也先生を講師に以下の講演内容でした。

① かかりつけ歯科医とは

② 高齢者の心身の特性

③ 高齢者診療の緊急時対応

④ 高齢者の口腔機能管理

⑤ 高齢者介護予防のフレイル

⑥ オーラルフレイルと口腔機能低下症

 

2017年02月25日 19:34 研修会出席

スポットケムST

2月3日

CIMG8135 CIMG1526

CIMG1525 CIMG1524

 

医科の検査機器の会社が今回初めて歯科の検査部門に参入する形で

最新唾液検査システムを開発しました。

 

診療所にメーカーの方に来ていただいて説明を聞きました。

 

一枚の試薬で、

○虫歯のリスク検査(酸性度・緩衝能・虫歯菌)

○歯周病のリスク検査(白血球・タンパク質)

○口の中の清潔度検査(総細菌数)

の複数の検査ができ、その測定結果も5分間で判定できる

というものです。

初診の方にその日のうちにスクリーニングテスト的に

活用できると思いました。

 

検査結果でリスクの高い項目に関しては、従来の唾液検査

デントカルト等で虫歯菌の菌数を詳しく検査したり、

リアルPCR法で歯周病菌の菌数を調べるという流れで、

検査費の負担を極力おさえる形の診療ができるので導入する方向で

今からスポットケムSTのシステムを構築していこうと思いました。

 

予防歯科の必須の検査機器の登場という感があります。

 

 

2017年02月03日 20:38 診療方針