倉松歯科医院

*

太子橋今市駅徒歩2分!予防歯科を中心とした、北欧型歯科医院です。

2018年05月12日 16:23 講演会『歯の根の虫歯への対応』を聴いて 研修会出席 診療方針

5月12日

CIMG0018

午前の診療後、大阪府歯科医師会主催の

学術講演会を聴きに行きました。

 

内容は根面う蝕への対応~サホライドを使ってみよう~ で、

講師は大阪大学大学院歯学研究科

顎口腔機能再建学講座(歯科理工学教室)教授今里聡先生でした。

 

サホライド(フッ化ジアンミン銀)は、

大阪大学歯学部歯科理工学講座の山賀禮一教授が開発し

私が開業した昭和52年には虫歯の乳幼児が洪水のように押し寄せ

「虫歯洪水時代」といわれる時代から特効薬として

使用されているものです。

虫歯の進行は止まりますが、

虫歯の部分が黒くなってしまうということで、

最近はお母様方には受け入れられにくくなってきています。

 

ところが超高齢社会となったわが国では、高齢者における

歯の根の虫歯の多発が大きな問題となってきていますが、

診断が困難なうえ、つめる治療も容易ではないため、

基本的に昔の乳幼児の虫歯のように、

その進行を止めることが重要ですが、

サホライドがそういった根の虫歯に最適な材料として

近年、再度注目されています。

昔からの古い材料であるが現在再び新しい材料として

見直されているという解説がありました。

 


2018年04月22日 22:40 子供の咬合を考える会の講演会 研修会出席 診療方針

4月22日

CIMG0004CIMG0002

京都テルサテルサホールで

子供の咬合を考える会の第22回特別講演会

『不正咬合は予防できる! 不正咬合は病気です!』

~早期治療による口腔機能の改善~

が開催され、それに参加しました。

 

講師は朝日大学歯学部客員教授の鈴木義雄先生でした。

先生は、現在子どもたちの多くが口呼吸している現状に

ついて触れ、舌の位置やクセ、口が結べない、噛めない、

飲めないなどの機能的な問題と、アゴと歯の不調和による

形態的な問題点(出っ歯、らんぐい歯、受け口等)を示され、

又、睡眠障害と不正咬合の関連についても多くのデータを

基に解説がありました。

 

この会が提唱している予防矯正という観点からも

子どもに対して早期治療の必要性とともに、

子どもの成長を阻害するものは避け、

健やかな成長を導くように支援する必要があると

結論づけられました。

CIMG0005CIMG0011

4時間の鈴木先生の講演のあとは、4名の会員発表が

行なわれました。

なお、当日の午前10時から午後5時まで

司会進行は大学同級生の中村彰彦君が担当され

帰り際に「お疲れさまでした」と一言、

声をかけました。


2017年02月03日 20:38 スポットケムST 診療方針

2月3日

CIMG8135 CIMG1526

CIMG1525 CIMG1524

 

医科の検査機器の会社が今回初めて歯科の検査部門に参入する形で

最新唾液検査システムを開発しました。

 

診療所にメーカーの方に来ていただいて説明を聞きました。

 

一枚の試薬で、

○虫歯のリスク検査(酸性度・緩衝能・虫歯菌)

○歯周病のリスク検査(白血球・タンパク質)

○口の中の清潔度検査(総細菌数)

の複数の検査ができ、その測定結果も5分間で判定できる

というものです。

初診の方にその日のうちにスクリーニングテスト的に

活用できると思いました。

 

検査結果でリスクの高い項目に関しては、従来の唾液検査

デントカルト等で虫歯菌の菌数を詳しく検査したり、

リアルPCR法で歯周病菌の菌数を調べるという流れで、

検査費の負担を極力おさえる形の診療ができるので導入する方向で

今からスポットケムSTのシステムを構築していこうと思いました。

 

予防歯科の必須の検査機器の登場という感があります。

 

 


2016年04月09日 22:27 旭区歯科医師会 在宅歯科ステーション 診療方針

平成28年4月9日(土)

CIMG8465 CIMG8475

CIMG8467 CIMG8470

旭区の在宅歯科医療連携体制推進事業の一環として

午後6時から旭区歯科医師会会館で

旭区歯科医師会在宅歯科ステーションの

立ち上げがあり出席しました。

 

旭区医師会、旭区薬剤師会、旭区役所はじめ

多数の方々がお越しになられました。

 

旭区は大阪市内で生野区、西成区、大正区に次ぎ

4番目に高齢化率が高く28.1%もありますので、

これからの在宅医療介護の一翼を担う

在宅歯科ステーションの役割は

大きくなっていくものと思われます。

 


2013年04月06日 16:21 近畿 デンタルショー 2013 診療方針

大阪城ホールで開催されている

近畿デンタルショー 2013 に行ってきました。

 

今年中に初診の方用の診療台を

入れ替えようと思っているので、

各メーカーの診療台を中心に見て来ました。

 

初診の方には初めは普通のイスと同じように座れて

お待ちいただく方が良いかと思い

足の部分が90度に折れるタイプを導入しようと思っています。

 

高齢者の方も増え、足を延ばしたままで座れる

一般的な歯科診療台だとしんどいかなぁと思いますし...

 

新しい診療台も当然、中の配管チューブは取替えて

殺菌水を流しながら治療ができるように改良は行います。

 

 


2013年03月28日 18:08 レーザー 診療方針

 

倉松歯科医院5台目のレーザー機器として

ライトタッチレーザーを購入することにしました。

 

イスラエルの本社から取り寄せるための契約書を取りかわしました。

 

15年ほど前に初めてレーザーを導入し、

途中でオリジナルのパワーパルスレーザーの出力を

グレードアップし、2万ミリジュールという歯科用レーザーとしては

世界一の出力を今も出すことができます。

導入当初、レーザーはまだめずらしい

歯科用医療機器であったので

毎日放送の『ちちんぷいぷい』が子供の医療最先端

という特集の時に取材に来られたこともありました。

 

それから10年以上経つと

レーザー治療マニアの私にとって興味的な

レーザーが開発され、どうしても活用したいという気持ちが

押さえきれなくなりついに契約してしまいました。

 

ドイツの高級車一台分の費用は

かなりの負担になりますが、これからの私に気力を

与えてくれそうなレーザーなので、早く入荷するのがたのしみです。

 

 

 


2013年03月23日 17:42 スタッフミーティング 3月 診療方針

 

今日、土曜日診療後に院長の私抜きで

スタッフだけで自主的なミーティングがもたれました。

今以上に院内清掃と滅菌をするためにどうすればいいかを

具体的に行動実践できるところまで話し合いがもたれました。

 

私はひとことも口をはさむことなくそのミーティングを聞いていました。

 

開業して30年余りになりますが、

今日のようにスタッフが自主的にこのような場を作ったのは

初めてのことであり、非常にうれしい気持ちで、

おもわずスタッフに感謝の気持ちを伝えなくては

気がすまない気持ちになり、

最後に感謝の意をしめしました。

 

 

 


2013年02月28日 15:26 診療用コンピュータ 診療方針

 

10年近く使用していた診療用コンピュータを

明日から新しい機種に変更することにしました。

 

今まで使用していたコンピュータと一番異なる点は

診療予約がパソコンの画面上で管理できるようになったことです。

 

お電話を頂いて

お名前 か カルテ番号をお聞かせいただければ

紙ノートで管理していた今までよりスムーズに

診療のお約束ができるようになりました。

 

今までのコンピュータさん

ごくろうさまでした。


2010年06月05日 18:39 雑誌 「わかさ」 診療方針

 
倉松歯科医院の問診表に
「わかさ」を見てと書かれておられる方が
最近数人おれます。
というのも


今月の健康雑誌「わかさ」で、歯周病特集が組まれていて、
その中で特に、歯歯周内科治療については、
別冊という形で30ページ近くに亘り書かれています。
それをご覧になられ
倉松歯科医院へお越しになられたそうです。


歯周内科治療受診の注意点として
・位相差顕微鏡で原因菌(真菌や歯周病菌)を確定してもらうこと。
・抗生物質は3日間欠かさず服用すること。
・抗真菌剤で歯磨きを行っている間は
 一般の歯磨き粉は使わないこと。
・費用は健康保険外になるため
 全額自己負担になり歯科医院により治療費設定が異なる
 ことが書かれいます。
倉松歯科医院では
歯周内科治療を導入して5年になります。
従来の金属器具で
機械的(外科的)に歯周ポケット内をかき出す方法よりは
歯周病原因菌自体をターゲットにした治療のため
治療成績は、かなりよくなっています。
現在では、
内科的治療から免疫療法的な考えを取り入れた
次亜塩素酸療法(パーフェクトペリオ)がより一層の効果を上げています。


2010年05月19日 18:54 5月13日 おもいっきりDON!ヒールオゾン 診療方針

 0824
おもいっきりDONで
ヒールオゾンの虫歯治療について放送されました。
以下読売テレビの画面からです。


まず初めに子供の虫歯は激減しているが、
大人の虫歯は増加している話がされました。

08210822
08270828
ヒールオゾンは30秒で虫歯菌を殺菌でき、
歯を削る量が少なく
そのうえ痛くない最新の虫歯治療法の一つであると
東京医科歯科大学、田上教授が説明されました。

08290830
オゾンガスをあてる時間は30~40秒で
虫歯菌をほぼ100%死滅させることが出来、
キャップを歯にあてオゾンガスが漏れないようにしているので
その安全性も述べられました。

08320834
最後にまとめとして
・オゾンガスの殺菌力で虫歯菌を死滅させる。
・歯を削る範囲が小さく再発率が低いこと。
・歯を削る範囲が小さくて済み痛みがないこと。
などが話されていました。
ただし保険適用外であることがつけ加えられました。