倉松歯科医院

*

太子橋今市駅徒歩2分!予防歯科を中心とした、北欧型歯科医院です。

2018年04月22日 22:40 子供の咬合を考える会の講演会 研修会出席 診療方針

4月22日

CIMG0004CIMG0002

京都テルサテルサホールで

子供の咬合を考える会の第22回特別講演会

『不正咬合は予防できる! 不正咬合は病気です!』

~早期治療による口腔機能の改善~

が開催され、それに参加しました。

 

講師は朝日大学歯学部客員教授の鈴木義雄先生でした。

先生は、現在子どもたちの多くが口呼吸している現状に

ついて触れ、舌の位置やクセ、口が結べない、噛めない、

飲めないなどの機能的な問題と、アゴと歯の不調和による

形態的な問題点(出っ歯、らんぐい歯、受け口等)を示され、

又、睡眠障害と不正咬合の関連についても多くのデータを

基に解説がありました。

 

この会が提唱している予防矯正という観点からも

子どもに対して早期治療の必要性とともに、

子どもの成長を阻害するものは避け、

健やかな成長を導くように支援する必要があると

結論づけられました。

CIMG0005CIMG0011

4時間の鈴木先生の講演のあとは、4名の会員発表が

行なわれました。

なお、当日の午前10時から午後5時まで

司会進行は大学同級生の中村彰彦君が担当され

帰り際に「お疲れさまでした」と一言、

声をかけました。