倉松歯科医院 『できるだけ痛くない治療・削らない治療』

*

太子橋今市駅徒歩2分!予防歯科を中心とした、北欧型歯科医院です。

虫歯・歯周病の予防

虫歯の予防

寿命と歯の本数の関係!?

日本人の寿命はご存じのように世界一ですが、歯の寿命では先進国の中で最下位なんです。日本では、歯科医師数は増えて過剰時代と言われているのに1人平均の健康な歯の数は減っているという奇妙な現象がおきています。
初期の虫歯もすぐ削って詰める。その後も再発、再治療。使う材料が違うだけで根本的には100年前と同じ治療が繰り返されているんです。
スウェーデンでは削って詰める治療から予防中心のシステムに変えてから急激に虫歯の本数が減りました。
当院は、削って詰めるだけの治療を中心とした20世紀型治療の反省を踏まえ北欧の先進予防システムを取り入れた診療を行っています。
虫歯ゼロを目指す為にも、予防歯科は欠かせない診療科目なのです。

ドリルで歯を削るほど、自分の歯は小さくなっていき、総入れ歯に近づいていくばかりです。5回程、削る治療をしたら、統計学的に抜歯になります。

削ること中心の歯科の今までの発想

当院の予防システム

↑PAGE TOP

歯周病の予防

歯周病は若い人もかかっている

当院では、スウェーデン、フィンランドの北欧における予防先進システムを実施いたしております。
まずはその方の虫歯・歯周病の原因を分析することから開始したいと考えています。
(もちろん、痛みなどの応急処置については速やかに行います。)
本来は、お口の現状についての詳しい検査をさせて頂き、その結果を具体的な数値でご説明させていただいております。今までのただ削って詰めたり、かぶせたりするだけの歯科医院に比べ、治療期間が長くなる傾向があります。虫歯・歯周病は人の唾液から感染する病気ですので、原因そのものを取り除いていくことが本来の治療であることをご理解いただきたいです。
歯科医院へ行けば、その日のうちにすぐに削って詰めるのは日本の保険制 度(治療報酬制度)が昭和36年に国民皆保険になって以来、50年近く到った今でも、歯を削る処置に治療報酬の過半数が分配されているためです。日本の国においては、そういう保険に添った治療をしないと医院経営には難しいためです。ほとんどの人はそういう日本の保険制度に慣れていて、歯科は「すぐ削って詰める」ものだと思われてしまっています。

歯肉が腫れたり、歯が動いたりしている場合は、歯周病(病気)になってから長い時間が経ち、かなり進行しているため治療にも時間がかかります。このような自覚症状がはっきり出てしまった歯周病の方は、じっくりと腰を据えて通院してくださるようお願い致します。

●キス
●咳
●くしゃみ
●お酒の返杯
●お箸やコップの共有
●まわし飲み
●同じ皿のつつきあい
●他人の食べ残しを食べる など

虫歯・歯周病は、他人の唾液中の虫歯菌・歯周病菌から感染していきます。
日常生活の中では唾液を介してお互いに虫歯菌、歯周病をうつし合っています。毎日、朝晩の2階は次亜塩素酸殺菌水500ppmで虫歯菌・歯周病菌を殺菌し、リセットしましょう。

次亜塩素酸とは、元々は好中球が細菌と戦う時に出す物質です。
市販の洗口剤はほとんどのものが、酸性でも毎日真面目に使う程、歯が溶ける酸触症になる可能性が高まりますが、次亜塩素酸水はそのようなことはありません。
この機能水である次亜塩素酸水は、ハイターに代表される次亜塩素ナトリウムの化学薬品とは全く別物で人体には無害です。
次亜塩素酸水はインフルエンザウィルスにも効果があると平成11年11月の日本ウィルス学会でも発表がありました。