倉松歯科医院 『できるだけ痛くない治療・削らない治療』

*

太子橋今市駅徒歩2分!予防歯科を中心とした、北欧型歯科医院です。

治療器具に関して

院長の私自身も受けたい虫歯と歯周病の診療という事で、下記の診断と予防及び治療をお勧めします。
倉松歯科医院は、歯を今よりもっと早く効率的に削る医療機器(最新のドリル)に設備投資するのではなく、逆に歯を極力残す(健康な部分まで取らない)ための医療機器に設備投資しつづけています。

残念ながら、それらの最先端の医療機器は、まだ日本では医療機器の承認がされていないものもあります。その為、保険外治療にはなりますが、皆様の歯を本当の意味で守るということで導入しています。


レーザー虫歯診断機
ダイアグノデント
虫歯の進行度を0~99の数値で診断できます。
定期的に測定すると虫歯が改善、停止、進行していっているのがわかります。
虫歯菌唾液検査
カリオグラム
虫歯菌の量を測定します。
唾液検査を受けていただく時、カリオグラムという北欧で開発された解析ソフトを使用すると虫歯になる可能性を%で表せます。

歯周病菌
位相差
顕微鏡検査
口の中の細菌の種類を検査するこ とで歯周病の進行度がわかります。治療後、殺菌できていることを確認するため再検査を行います。
口臭測定検査 口臭の原因である3大ガスの量を測定しそれぞれのガスの量により治療方針が決定されます。







虫歯
レーザー
歯質強化
レーザー照射で歯面を溶岩状に硬くして、酸に対して強い歯質を作れます。レーザー照射後ただちにフッ素を塗ると歯質の深くまで浸透し 予防効果が一層増します。
3DS
虫歯菌の除去
(Dental Drug Derivery System)
その方専用のマウスピースを用いて歯の表面に付着している虫歯菌 (ミュータンス菌)を抗菌剤でもって除菌します。
歯周病
レーザーメインテナンス
歯周ポケット内の歯ぐき表面を一層ピーリングすることで組織の活性化をはかると同時に歯周ポケット内を殺菌します。


レーザー治療 健康な部分まで削ることなく虫歯の部分だけを蒸発させます。蒸発した虫歯のまわりの歯質は溶岩状になり硬くなっています。
ヒールオゾン治療 塩素の6~10倍の殺菌力のあるオゾンを使用し虫歯菌を殺菌後、つめものをします。
再石灰化の促進もします。
ドックスベス
セメント療法
虫歯菌を殺菌するセメントを使用する方法です。セメントを1~2年詰めて経過を観て歯質が硬くなってから最後のつめものをします。


レーザー治療 レーザーで歯周ポケット内の殺菌と病的な歯ぐきをピーリングします。
(予防の時より高出力のレーザー エネルギーを使用)
次亜塩素酸
免疫療法
白血球が細菌を溶菌する時に出す次亜塩素酸を用いて歯周病菌自体を殺菌治療します。

ページトップへ戻る

つめる治療

保険

  • 虫歯になった部分を機械的に取る外科的治療
  • *

実費

  • 原因の虫歯菌のことを考えた内科的治療
  • 予防するか、つめるかを判定

    診断:日本に入る前からドイツから個人輸入
  • 器機:ドイツから個人輸入
  • 虫歯で軟らかくなった部分を再硬化させる

    材料:アメリカから個人輸入

↑PAGE TOP