大阪市旭区の歯医者・予防歯科・歯周病治療なら

〒535-0001 大阪府大阪市旭区太子橋1-2-29
地下鉄谷町線・地下鉄今里線太子橋今市駅 6号出口から国道一号線沿い徒歩2分

診療時間
9:00~12:30 × ×
15:00~20:30 × ×

△:15:00~18:00 ▲:9:00~13:30

ご予約・お問合せはこちら

06-6953-6722

当院の小児歯科

当院ではお子さまが歯医者嫌いにならないよう、お子さまの気持ちを考えた治療をご提案。また虫歯になりにくいお口の環境を整えるために、レーザーによる歯の組織の強化を行っています。また、お子さまは成長段階にあるため、あごの成長発育を見守りきれいな歯並びに導いていく診療も行なっています。

お子さまの気持ちに配慮し、成長に合わせた治療

お子さまが歯医者に行きたがらなくて困っている、という親御さまは多いのではないでしょうか。

当院では、お子さまが歯医者嫌いにならないよう、お子さまの気持ちに配慮して、成長に合わせた治療を行っています。無理やり治療を行ってトラウマになることを避けるため、緊急性の高い場合を除き、押さえつけて治療を行うことはありません。

まずは治療器具を見たり触ってもらいながら、何をするのかを説明し、お子さま自身が納得してから治療するようにしています。クリーニングの際にも歯の表面を磨く「ラバーカップ」という器具などを触ってもらって、怖いものではないと理解してもらってから処置をスタート。どうしても泣いてしまうお子さまとは「次は歯を見せてね」と指きりをして、次回またがんばってもらいます。

また、できるだけ生まれ持った歯を削らない治療を行っています。お子さまの歯の健康は、大人になってからのお口の健康に、大きな影響を及ぼすものです。お子さまが歯医者を怖くないと思えれば、将来的に歯を守ることにもつながるでしょう。

お子さまの歯でお悩みの親御さまは、ぜひご相談ください。

レーザーによる歯質強化で、虫歯予防

お子さまの歯の健康は、全身の健康にも影響を及ぼします。歯が健康でないと、食べものをしっかり噛めないため、栄養不良から体やあごの発育に悪影響が出て、あごが小さなお子さまが増えています。将来、歯並びが悪くなる可能性が非常に高くなっています。

子供のうちに虫歯になりにくいお口の環境を獲得し、それと同時にあごの発育が正常であれば、大人になっても虫歯になりにくくなると同時にきれいな顔立ちになります。長くお口の健康を保つには、幼いうちにどれだけ健康的なお口の環境を整えられるかが大切です。

そこで当院では、レーザーによる歯質強化(歯の組織を強くする処置)で、虫歯を予防しています。これは、虫歯予防に効果があるとされているフッ素を塗布したあと、レーザーを照射して、歯の中に染み込ませる方法です。通常のフッ素塗布よりも、フッ素が歯の組織に浸透しやすいので、歯を強くする効果がより期待できます。あごの発育に対しては床矯正などを活用しています。

中学生や高校生になると、部活や塾で忙しくなって、なかなか通院できないかもしれません。しかし、健康なお口の環境を作るためにも、月に1回はご来院してもらいたいと考えています。

レーザーによる歯質強化・フッ素塗布は保険外診療です。

レーザーによる歯質強化 1歯 1,500円(税抜)
フッ素塗布 全顎 1,000円(税抜)

小児歯科治療の流れ

お口の検査

お口の中を拝見し、歯や歯ぐきの状態を確認します。痛みのある検査はありませんのでご安心ください。必要に応じてレントゲン撮影も行います。
現在ほとんどのお子さまは虫歯がありません。虫歯があるお子さまの方が少なくなっていますが、その反面あごの発育が悪く、あごの小さなお子さまが増えています。

治療計画の説明

お子さまのお口の中の成長発育は、どんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

治療にむけてのサポート

当院では、嫌がるお子さまを押さえつけてムリヤリ治療することはありません。そのため、お子さまご自身が納得して治療を受け入れられるようになるまでに数回の通院が必要な場合があります。
また、治療までの時間は大きくゆったりしたお子さま用の待合室で待っていてください。

治療

お子さまが治療に納得できたら、いよいよ治療を開始します。

歯磨きや食生活について
アドバイス

虫歯ができないように、お子さまに歯磨きの練習をしていただいたり、保護者の方には食生活や日常ケアについてアドバイスをします。

再発予防

お子さまの健康を守るために、定期健診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。
成長期のお子さまは、大人以上に定期健診を受け続けていくことが大切です。