大阪市旭区の歯医者・予防歯科・歯周病治療なら

〒535-0001 大阪府大阪市旭区太子橋1-2-29
地下鉄谷町線・地下鉄今里線太子橋今市駅 6号出口から国道一号線沿い徒歩2分

診療時間
9:00~12:30 × ×
15:00~20:30 × ×

△:15:00~18:00 ▲:9:00~13:30

ご予約・お問合せはこちら

06-6953-6722

診療の流れ

「治療がどんな風に進むんだろう?」そんな不安はありませんか?こちらではご来院から治療の終了まで、当院の診療の流れをご案内します。

倉松歯科医院・診療の流れ

ご来院・受付

診療のお約束の日時になりましたらご来院ください。

初診の際は、お約束の時間よりも少し前(20分前ほど前)に余裕をもって来ていただけると保険証確認や問診票記入の手続きがスムーズです。

受付が済みましたら、問診票のご記入をお願いいたします。

問診表は他医院に較べると多くの項目になっています。それは、受診される方に対する当院の熱意だとご理解下さい。

当院は受診される方をなるべくお待たせしないように、診療時間約束制をとっております。受診を希望される方は、お電話もしくは予約フォームにてお約束をお取りください。

ご予約はこちら
06-6953-6722

診療時間:9:00~12:30/15:00~20:30
※木曜は15:00~18:00
※土曜は9:00~13:30

休診日:木曜日午前・土曜日午後・日曜日・祝日

問診・カウンセリング

続いて、問診をいたします。

  • 現在の体調、持病などをお聞きします。
  • いつ頃からどんな症状があるのか?
  • 痛みがあるのならどのくらい痛いのか?
  • 治療について希望があるか?

などをお聞かせください。

その他、気になることがございましたら何なりとおっしゃっていただければと思います。

検査

精密機器やレントゲン・CTで、歯や歯ぐき、あごの骨の状態などを検査。お口の中の状況を確認いたします。

虫歯に対しては、日本で一般的に行われているC0~C4までの診査ではなくより細かい分類に分けられる虫歯診査で世界基準のICDASの虫歯検査にのっとり行います。その結果、削る治療をする虫歯か、削らない方がよい虫歯かの診断をいたします。

歯周病は位相差顕微鏡で歯周病菌を調べ、歯周病の進行度を診断します。ご自身のお口の中の歯周病菌の様子をTVモニターに映してご説明します。

治療計画の説明

検査結果をもとに、治療計画についてご説明いたします。

レントゲン写真や口腔内カメラ、図やイラストなどを使ってわかりやすくご説明いたします。無型の言葉だけの説明では2~3日で大半忘れられていることもありますので、必要に応じてプリントにしたものをお渡しします。ご不明な点はその都度、遠慮なくご質問ください。

当院では、ご納得いただかないまま治療を開始することはありません。費用や治療期間、治療法によるメリット・デメリットについてもご案内いたしますので、どれを選択されるかはご本人様に決めていただいています。世間にはインフォームド・コンセントといいながらその治療に誘導するような説明がありますが、そのようなことはいたしません。疑問点や不明点は何なりとおっしゃっていただければと思います。

治療

治療計画に同意いただけましたら、治療を開始します。

治療中に痛んだり、疑問や不安が出てきた際には、遠慮せずにお声がけください。

治療は健康な組織を極力傷つけない「最小侵襲治療」(さいしょうしんしゅうちりょう)を基本にしています。極力、大がかりな過剰な治療にならないように配慮しています。

メインテナンス・定期健診

治療終了後は、メインテナンス(定期健診や歯のクリーニング)を受けていただくことをオススメしております。

メインテナンスでは虫歯や歯周病のチェックのほか、歯磨き方法の指導、食生活へのアドバイスなども実施。

虫歯や歯周病は一度治療しても、その後に何もしないで放置すれば菌が再び増殖して再発する可能性が高い病気です。定期的にメインテナンスをし、健康なお口を維持していきましょう。

当院は厚生労働省が定める「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」の施設基準を満たす診療所です。認定を受けていない診療所の場合は保険では通常、3~4ヶ月ごとのメインテナンスとなりますが、当院なら毎月、保険でのメインテナンスができます。

虫歯・歯周病の初診から定期健診までの流れ

初診・再初診・応急処置

検査(虫歯・歯周病)

現状説明・治療計画

抜歯(重度の虫歯・歯周病)

抜歯が必要な方は初めに行い歯ぐきが治る間に歯ぐき、歯の治療をします。

治療※今通院中の1割強の方

歯周病治療(歯ぐき)

建物の基礎にあたる部分の治療

歯の内部の虫歯治療(根の中の消毒、及び土台作り)

建物のクイにあたる部分の治療

日本の現状は、すぐにここから行う歯科医院が多い

歯の表面の虫歯治療(つめる・かぶせる・入れ歯)※今通院中の1割弱の方

ここから今残っている
現在の歯を守り続ける通い方が開始

施設基準を満たさない一般的な診療所は3~4ヶ月あけて初診の形で保険適用となる

3~4ヶ月ごとに歯と歯ぐきのメインテナンスを行う

※今通院中の1割の方

厚生労働省が定める「かかりつけ歯科医機能強化型診療所」の施設基準を満たす診療所だけが毎月保険でできる。

<SPT>毎月1回歯ぐきの溝の中(歯周ポケット)をクリーニングしていきます。

※今通院中の6割の方


倉松歯科医院に通院されている方の現状

通院中の方が
当院にご来院されている理由の順位

  • 1
    治療が全て終わり歯周病が安定した状態が続くように毎月1回歯周ポケットのクリーニング(SPT)の為に来院
  • 2
    歯周病治療の為に来院
  • 3
    4ヶ月間隔の歯と歯周病のメインテナンスの為に来院

 感謝です\(^O^)/ 

当院を信頼して下さっていると身に染みる思いです!また、歯科医師としてもっと患者様に喜んで頂ける様、さらにレベルの高い診療システムを構築したいと色々な目標が沸いてきます。

通院の方で
諦めてしまうタイミング

  • 1
    歯周病治療の途中で次回の治療のお約束はご連絡待ちのままで来られなくなる
  • 2
    初診時の応急処置やご自分の気になる部分の処置のみで2回目は無断キャンセルで来られなくなる
  • 3
    治療が全て終わり毎月1回の歯周ポケットクリーニングの方(SPT)で1年ほどすると来られなくなる

 悲しいです(;_;) 

人間は必ず退化していきます。しかし、「予防」という手段で退化を遅らせることができるのです。特に歯周病治療は1日で治ったりしません。予防を行い口腔内の健康寿命を延ばして頂きたいものです。